サンキャッチャーの効果的な飾り方

1、玄関
人が出入りするときには、さまざまなエネルギーも一緒に出入りします。
特に光のはいらない玄関には、太陽のエネルギーのかわりとして飾るのが効果的と言われています。
暗い玄関は、サンキャッチャーをライトアップすれば幻想的で訪れた方が喜ぶでしょう


2、リビング
太陽の光を一番効果的に運ぶことのできる「お部屋の窓辺」がよいでしょう。
虹の嫌いな人はいません。
美しい虹が家族の話題にもなり、和やかな雰囲気になることでしょう。


3、ベッドルーム
寝室で、寝る間際に眺めたりすると、プチ瞑想状態になるなどの効果も期待できます。
寝つきの悪い方は、紫や青などの精神の鎮静効果が期待できる色を使ってみましょう。
朝日があたり大きな虹ができると、部屋の中全体がすがすがしくなり
目覚めもさわやかになることでしょう。


4、仕事部屋・勉強部屋
仕事運・成功運・勉強運は「東にある」と風水では考えられています。
「東」の方向に置くとなお良いでしょう。
しかし、方角ばかりを気にすることはありません。
太陽のエネルギーで部屋の気をパワーアップして、人間関係の好転・幸運を呼び込んでください。


5、子ども部屋
窓辺・机やベッドのそば、お子さんが眺めて癒されるような位置にするのが一番でしょう。
朝日はとくに虹が大きく描かれるので、お子さんは喜ぶことでしょう。
また日中、人がいないときにも「気」を流しますので、帰宅したときに「ほっ」とするでしょう。
虹を見ると幸せな気分になることで、子どもの身心によりよい効果を得られると思います。


6、洗面台やキッチン
水まわりは「水の気」といわれるエネルギーがあり、また太陽の光が入りにくい場所でもあることで「陰の気」を呼び込みやすい場所です。
掃除が一番大切ですが、サンキャッチャーを飾り太陽のエネルギーを広げましょう。





   
   

サンキャッチャー





▲ページトップに戻る